病院・クリニック経営コンサル会社(熊本県拠点)

TEL:080-4287-2726(平日10時~18時)

NEWS

R5年10月以降の新型コロナウイルス感染症の特例措置について

令和5年9月15日に開催された中央社会保険医療協議会(第555回)で、

新型コロナウイルス感染症の診療報酬上の見直しについて議論されました。

 

今回の議論で、外来(往診含む)や入院における特例措置の点数引き下げ、

入院の施設基準における特例措置が継続になりました。

入院の施設基準については、コロナ患者の受入や職員の感染等により月平均夜勤時間数が一時的に1割以上変動した場合や職員が一時的に不足した場合の変更届出が不要になる特例措置も継続されます。

 

コロナ感染症により従来よりも感染対策コストや手間が発生しているので、

特例措置の算定漏れ・対応漏れが無いように院内で周知徹底していきましょう!

※中央社会保険医療協議会(第555回)令和5年9月15日の資料より引用

※中央社会保険医療協議会(第555回)令和5年9月15日の資料より引用